• HOME
  • interior
  • インテリアで自分の心地よい居場所を確保。

インテリアで自分の心地よい居場所を確保。

わたしが住む静岡県浜松市も例外なく、自粛要請が出されています。
そのため飲食店は営業時間の短縮、テイクアウトのみの販売、期間を決めて休業しているところもあります。もちろんその他の業種の方々も期間を決めて休業、その他いろんな対策がなされています。

そんな中、もっぱら休業中のわたしは以前書いた通り、料理のストック作りや断捨離、大掃除もして、リビングダイニングの模様替えを楽しみつつ『stay home』を満喫しています。

年齢を重ねたからなのか、20代の頃は さほど興味のなかった『植物』からの癒しのパワーを日々感じ、リビングに緑や季節の花が並ぶようになりました(*´◒`*)
愛犬の散歩をしてもすれ違う人は少なく、葉桜になった歩道をのんびりと歩いています。(今の時期こんなにありがたいこととは思いもしませんでしたが。)
このような状況になると自然への感謝も以前より込み上げてきます。

使いこなせていなかったカウンターをリメイク!

さて話は戻りますが、絶賛模様替え中の我が家。かと言って狭く古い賃貸(とは言いつつも気に入っているのです)、大きな家具を入れるわけにもいかず、得意の断捨離と合わせて『風が入る気持ちが良い部屋』をイメージして模様替えをしています。

以前サロンで大切に大切に使っていた横幅120cmの木製カウンター
オーダーメイドで作ってもらったのですが、サロンを引っ越すタイミングで狭い我が家のリビングへ移動してきたのです。この大きな木製カウンターを置くこと約2年。(模様替えのたび配置に試行錯誤しました。狭いリビングに大きなカウンター、窓の光をもさえぎる大きさなのです。)

そこで!この大きなカウンターをリメイクして新たに棚としてリビングに鎮座してもらうことに決めました。
ありがたい事にご縁もあり、リメイクも得意なセンスの良い大工さんにお願いする事にしました。

hikari kenchiku
Yukichi Sawai
mail / info@hikari-kenchhiku.com
tel / 090-7047-7591
hpをcheck

そんなこんなで澤居さんの手によって我が家にででーんと居座っていた木製カウンターが生まれ変わりました。
まだ部屋の模様替え中で『どうだ!!』と写真を大きく載せられませんが、とてもお気に入りの棚に変身してくれました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

既に棚の全スペースが満席となっていますが、これからに期待しましょう。かわいいカゴ収納を検索する日々です。
pcもすっぽり置けるのでイスを置いて再びここでお仕事をする日も近い!!はず(笑)
棚はアジャスター付きなので棚の幅も自由に変えられます(о´∀`о)ありがたい♡

仕事で使っていたカウンターのため、当時のことがフラッシュバックしてきます。
このカウンターの中で睡魔と闘いながら突っ伏して寝た思い出や(完全に睡魔が勝っている)、日計表を書きながら日々を反省したり、仕事と家事の両立で悩んでいたことを改めて思い出します。今となっては、どれも素敵な思い出となってしまうのだから時間とは不思議な存在です。

そして窓の光を遮ってしまう程の横幅問題も無事解決されています!120cmから90cmへ縮小してもらいました。(全く違和感なく縮小されています!すごい!!)
古い賃貸あるあるかもしれませんが、とにかく窓が大きい我が家。キッチン横なのに縦180cmの窓です。そのおかげで昼間はかなり明るい部屋でもあります。

インテリアひとつで自分の居場所がみつかる。

そしてとっても嬉しいサプライズもいただきました!!
『HOME SWEET HOME』
という、澤居さん家の家訓 改めhikari kenchikuさんの社訓でもある素敵な言葉をプレゼントしていただきました。
元々引きこもりがちなわたしですが、今みたいな状況になって改めて帰る家があるありがたさを感じ、より家での時間が大切なものとなりました。

賃貸生活も10年目になりました。ご存知の方も多いですが、わたしは引越しを繰り返していました^^
もはや趣味=引っ越しと言っても良いくらい(笑)
そして未だに賃貸生活をしています。一時期は一軒家やマンション購入も視野に入れていましたが、飽き性なのもあり、今後も賃貸で生活するのかな〜。と漠然と感じています。(もちろん先のことは分からないですが…)

その為大きな家具は買わず、身軽でいることが必須なのですが、こうしてお店で使っていた大きくて重量級の立派なカウンターが棚にリメイクされて我が家に鎮座する事によって、良い意味で『生活感』をリアルに感じることになりました。ここが我が家なんだなって。
もちろん、これでずっとここにいよう!と決意したわけではありませんが家具ひとつで自分の居場所を確保できたような(大袈裟すぎるかなw)でもそれと似たような気持ちになったわけです。たかが棚、されど棚です。

澤居さん、ありがとうございます。

皆さんも自宅で眠っている家具のリメイクやここにピッタリの家具が欲しい!!って方は是非相談してみてくださいね^^
小さな家具から一軒家まで幅広くお仕事されています。
きっと素敵に仕上げてくれますよ!

風が入る気持ちの良い部屋。

棚にドウダンツツジを置いて、少しだけ窓を開けて風を入れ替えます。
それだけでも幸せを感じてしまうのだから、2020年は人生の中でも稀有な時間となっていることに間違いないでしょうね。

毎日の生活にちょっぴりの贅沢と、ちょっぴりの余裕を感じながら過ごしたいと奮闘するミレニアル世代のyukichiです。 そんな気持ちと空間をお届けできたらと考えています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)