こんな時期に移転したけれど…の1ヶ月経過報告。

タイトル通り、こんな世界を震撼させるコロナ渦の時期に、突然個人で営んでいるアイラッシュサロンを移転するという攻めの姿勢(笑)を見せましたが、移転して1ヶ月が経過しました。

今までこちらのブログでは仕事のことは最小限に報告していましたが、これから少しづつ仕事のことにも触れていきたいと思います。

これまでの歩み

4月はご予約のお客様を施術させてもらい、5月はまるッと営業を自粛していました。
ホームサロンということもあり、かなり慎重になっていました。
しかし正直言って、サロン自体を辞めようかと考えていたほど落ち込んでいました。
対面の仕事なのでどうしても今後のことを考えるとついネガティブになってしまったりして…
主人や友人にもサロンを辞めることを相談をしていました。

しかし、散々周りを振り回し『サロン辞めようか…』と騒ぎ立てましたが、結局仕事を継続。

更に移転するという一歩踏み出す形に(*⁰▿⁰*)
友人たちは『また出たよ〜。』といった感じかと思います( ̄▽ ̄)
そう、わたくし散々友人に悩みをぶちまけて晒して、余裕で言っていたことと違うことしてしまうタイプなのです。(そんなタイプない( ̄▽ ̄))

いざ営業再開!そして直面する自分の欠点。

6月から新店舗にて営業を開始しました。
indigo dropさんの2階を借りてのスタート。(hpはこちらをクリック☺︎)
約10年間一人営業をしていたので、知らぬ間に独りよがりの性格になっていることを痛感したり、やるべきことを並べてぼーっとしてしまったり、頑張りたい欲が出過ぎて空回りしたり、お客様のことを考えて…と思っていたのに、いつの間にか自分のことを考えていたり( ̄▽ ̄)

しかし自粛中だったため、一度立ち止まり自分を客観視してみる良い機会にもなりました。
自分の問題点からつい目を背けてしまう癖があるので、この移転は少なからずわたし自身の成長になっていると思います。
(きれいごとではなくてね。)

こんな時期に移転してみて…

一言で言えば、移転してよかったです(⌒▽⌒)!!
まだ緊張することもありますが(笑)一人で考え込んでいた部分をオーナーに相談できるし、どうでも良いことを1分2分話すだけでも気持ちがリフレッシュされるし。現実的な面から見ても条件にもよるとは思いますが、資金面でも助かることが多いです。(これに関しては本当にオーナーの神対応でしかないです。)無責任なことは言えませんが、これから起業する方は間貸し、面貸し、シェアオフィスも選択肢の一つに入れてみても良いのでは?と思ってしまうほどです。
まだまだわたしの住む浜松市ではそういった施設が少ないですが、今後どんどん増えていくのではないかな?と予想しています☺︎

まとめ

何が得か、何がメリットか?を考えるより自分が楽しいと思えるところに身をおきたいと思う自分がいます。
今回の移転の大きなきっかけはコロナ渦でしたが、わたしにとっては大きな成長の一歩になったかもしれません。
人生を楽しんでいる人にはとっても魅力を感じますもんね・:*+.\(( °ω° ))/.:+
これからもっともっと楽しめる空間づくりをしていきます(*´◒`*)

※最近ランチをしながら6時間以上喋り倒していた時、友人に『ゆきちゃんは悩んでる時に「これで悩んでますー!!」って態度にも口にも出てて分かりやすいから助けてくれる人が現れるよね』と的確なことを言ってもらって、更に自分というものがわかりました(笑)身近にいてくれる友人は偉大です!

毎日の生活にちょっぴりの贅沢と、ちょっぴりの余裕を感じながら過ごしたいと奮闘するミレニアル世代のyukichiです。 そんな気持ちと空間をお届けできたらと考えています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)