眉毛のデザインについて。


上記の記事は本業のまつ毛、眉毛サロンのものになります。こちらではこれをメニュー化したいと思った理由について語ってみます。

別に興味ないと思うんだけど(保険かけるやーんw)
栄養や筋トレと同じでさ、どんな効き目で、どんな風に作用するかって知っていると知らないのでは違うじゃないですか。
あーなんか良い気がするけど、まーよく分かんないな。
ってよくあるパターンなんだけど、こんな気持ちでやっているのね。と知ってもらうのはとても嬉しいので気が向いたら読んでほしいなと。

実はわたし、眉毛とおでこにとてつもないコンプレックスを持っていまして。
おでこは狭いし、平らだし、女性らしい丸くて広いおでこに憧れていました。いや、今もずっと憧れています。
さらに眉毛は太く濃くまさに男らしい眉毛だったわけです。それに加え中学生の頃細眉やら薄眉やらが流行し、抜いたり切ったりと、わたしの眉毛が大忙しだったわけです(笑)

そして現在。おでこは脱毛をして少しでも広く見せるように頑張ってはみたものの、まっ平のおでこに、自己処理しすぎた寒々しい眉毛が残るのみとなったわけです。(悲しすぎるでしょw)
そんな中2020年12月、気になってはいたものの、遠方なのもありなかなか行けなかった眉デザインをやっているマツエクサロンへお邪魔したわけです。

韓国でアートメイクをしていたものの、眉頭の眉毛だけが濃く、なんともアンバランスな状態だったわけです。
そこで、サロンで眉毛のお手入れをしてもらうと発狂しそうなくらい綺麗に仕上げてくれたんです。(実際に発狂したと思うw)
そんな年末を過ごし、どうしても眉スタイリングを覚えたい。という考えに至ったわけです。
わたしのコンプレックスの一つである眉毛をこんな風に解消してくれるなんて(*´◒`*)と感動しました。

元々綺麗に生えている方は、眉デザインをしなくても素敵なんだと思いますが、わたしのようにコンプレックスを抱えている方も多いかと思います。だってとんでもなく垢抜けますから!!
眉毛って女性のメイクの中でかなり重要なポイントじゃないですか?
かなり雰囲気変わりますよね。そんな風にたくさんの人に感じてもらえたら嬉しいです。
ただわたし自身の体力があまりにもないために、1日のご予約人数が最大でも3名様のみとなっております。さらに遅い時間帯の営業はしておりません。申し訳ございません。

いつかたくさんの方に体験していただきたいので、眉デザインの普及活動なんかもできたら良いな〜。なんて密かに企んでいます\\\\٩( ‘ω’ )و ////全国旅する眉デザイナー的な(笑)ま、夢はおっきく。いちよう宣言してみました(*´◒`*)

この取り止めもない思いを最後まで読んでくださった方、いらっしゃるのでしょうか(笑)読んでくれたあなた、きっと良いことが起きますよ。

毎日の生活にちょっぴりの贅沢と、ちょっぴりの余裕を感じながら過ごしたいと奮闘するミレニアル世代のyukichiです。 そんな気持ちと空間をお届けできたらと考えています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)